<< 子供と一緒の入院 子供ちゃん食を始めました >>

思い出のマーニー

先日 『 思い出のマーニー 』 という映画を見に行ってきました
ムスメにせがまれて 連れて行ったのですが
とっても良い映画でした

養子縁組のお話です

どうしても避けられない 養子縁組特有の難関 
思春期の最後にやってくる
『 私は どうせ 他人の子よ 』
についてのお話です

あらすじを言っちゃうと
面白くなくなるので
話は割愛しますね

最後の要の部分だけ
ちょこっと お話します

主人公の女の子は 最後の最後
精霊になったおばあちゃんから
『 あなたが精一杯 幸せになってもらうことが
私の 願いのすべてなの 』
というメッセージで やっと気がつきます

あんなに愛してくれていたのに
すげなくあしらっていた養父母さん ごめんなさい
ほんとに すげなくして ごめんなさい
そして そこから 『 養父母さん 』 ではなく 
『 ママ 』 と言ってくれるようになりました

その時のお母さんの顔
この瞬間 この瞬間のために 生きてきた!!
もう これ以上ない もう死んでもいい
もう 涙 涙 涙です

これは それまで 精一杯の愛情を注ぎ 
心をポキポキ折られても 報われなくても 
それでも 愛しぬいたからこそ
理屈抜きに 『 ママ 』
と 受け入れてくれるようになったのです

そうです これなんですよ
これがあるから やってゆけるんです

いい映画でした

世界中の養父母さんと 赤ちゃんに 
幸せが ともにありますように
[PR]
by natuyasumi2010 | 2014-08-12 23:42 | 特別養子縁組
<< 子供と一緒の入院 子供ちゃん食を始めました >>