<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自分がなりたいものになる

『 中村天風 と 植芝盛平 』 という 藤平光一さん が書いた本があります。藤平光一さんは 合気道の達人なので、 合気道の本かと思って手にとってみましたが 多岐に渡って含蓄の深い本でした。 一部に惹かれる場所がありましたので その部分を抜粋してみました。 興味のある方は読んでみてください。

b0203399_1619081.jpg


昼間 目が覚めているときは 『 顕在意識 』 が 表に出る。 逆に 夜寝ている時は 『 潜在意識 』 が 表に出る。 普段 朝起きれない人も 遊びに行く朝は 早くから目が覚める。 人間は どうしても やりたいことがあるときは 潜在意識が そうなるように 力を発揮するようになっているのだ。 そこで この潜在意識を 自分の 思いのままに 創り変えてしまおう、 そして 自分を コントロールしてみよう というのが 中村天風の言う 潜在意識の使い方である。

この際 命令暗示のほうが よく効く。 しかも プラス願望のほうが さらによく効く。 しかも 鏡を使って  自分の姿を見ながら 自分に命令すると 自分に言い聞かせるだけでなく 鏡に映った自分からも 命令されるため 倍の効果が得られる。 例えば 『 堂々と話せるようになる 』 『 人前で あがらなくなる 』 と言ってみると良い。 しかも この暗示は ひとつのことだけを 繰り返し 唱えるほうが 効果が強くなる。 そして 顕在意識 と 潜在意識 が 入れ替わる寝る間際 が より 入り込みやすい。 長い時間 唱える必要はなく 1分で充分である。 そして 一番大事なことは 継続することにある。

b0203399_162121100.jpg


効果には 個人差があり 一月で効果が出る人もいるが 半年かかる人もいる。 しかし 効果は 加速性があり 最初は 半年かかっても 次は5ヶ月 4ヶ月 3ヶ月 2ヶ月 と 次第に早くなってゆく。 そして これは 物質には 効かない。 例えば 『 金持ちになりたい 』 と唱えても 天からお金が降ってくるわけではない。 

そして この暗示は ポジティブなものほど 変化が起こりやすい。 しかも 他人に 良い影響をもたらす 内容 であればあるほど 周囲からの 好影響が付加されて さらなる相乗効果が得られる。 そして 何より大切なことは これを通じて 自分の思考パターンや 心のあり方 を 自分の望むように変えることなのだ。 これに尽きる。 そして 心が 自在にコントロールできるようになれば 『 自分が なりたいものに 自分が変わることができる 』 のだ。 これほど素晴らしいことが ほかにあろうか。

b0203399_16194955.jpg

[PR]
by natuyasumi2010 | 2011-06-30 15:21

幸せを招く言葉

熊本県の小国町に 素晴らしい坐禅の師匠がおられます。 講話を聞くたび 『 ああ 今日も 良いお話を聞けた。 よかった よかった 』 と 充実した気持ちになって 帰ってきます。 今回は 講話の中で 特に心に響いた部分を ご紹介いたします。 

楽しいこと 嬉しいこと ありがたかったこと このような 前向きな言葉を 口にするように心がけていると 知らず知らずのうちに 言葉に出したことと 同じような 善きことが 訪れますよ。 不思議と思われるかもしれませんが 言葉には 思ったことを呼び寄せてしまうという 不思議な性質があるからです。 

b0203399_16542422.jpg

『 言霊 』 という言葉があるように、言葉には 不思議な力があります。 いつも 心に善意を持ち 人に喜ばれる 善きことを 言葉にして 善きことを行い 善きことを待ちましょう。 たとえ 困難なことがあっても  自分ができる 精一杯の 善い行いをして 『 果報は寝て待て 』  です。 精一杯やって 心に 光と   暖かさを 持ちながら 人に喜びを与え続けると 不思議なことに 善い結果 善い縁 善い助けは 向こうからやってきます。 子育ても同じです。

逆に 面白くないこと つらいこと 悲しいこと 腹のたつこと このような不平や不満ばかりに目を向け 言葉にしていると、 知らず知らずのうちに このようなことを引き付けてします。 

日本人は 伝統的に 思考が否定的な民族です。 よく おばあちゃんの口癖を思い出してみてください。  『 それは大変ね 』 『 だいじょうぶかね 』 といった 否定的な言葉がたくさん出てきます。 ニュースでも 新聞でも 『 不景気だ 政治が悪い こんな事故があった こんな不幸があった 』 という否定的な内容がほとんどです。 このようなことを言っていると このようなことを引き付けてしまいます。 

b0203399_1419116.jpg

[PR]
by natuyasumi2010 | 2011-06-27 13:03 | 推薦図書

梅ブランデー

梅酒ならぬ 梅ブランデーを作ってみました。 きっかけは ニコニコ農塾さんから 梅ブランデーを いただいたのですが、 それがあまりにも 美味しかったので 触発されて 自分で作ってみることにしました。 
b0203399_141540.jpg

作り方は いたってシンプル。 梅と果糖を 等量加え ブランデーを入れ 半年漬け込んだら完成です。  ここでひと工夫。 砂糖にすると 甘すぎるので 果糖を使います。 これでフルーティさが出てくるし 甘さがかなり抑えられます。 少なくなってきたら ブランデーを継ぎ足します。 これで いつまでも飲み続けられます。 作って 1週間目に試飲しました。 『 うまいっっ!! です 』  試飲のつもりが 止められません。 もう 半分近く 飲んでしまいました。 半年も もつのでしょうか? 
b0203399_1412621.jpg

ところで この ニコニコ農塾さんは ただの農家さんではありません。 化学を 非常に深く追究し 『 食卓に並ぶ時点で 最高の状態になる 野菜を作るために 理論に裏打ちされた 安定した農法を行うには どうするか 』 を 探究されています。 野菜作りの話をしてみると 『 2価イオンだと 1価イオンより 浸透圧がより高く より長く維持できる 』 『 浸透圧が高いと 野菜の細胞壁内にある水分が 漏出しにくくなるので 野菜がしなびにくくなる 』 『 よって 1価イオンである カリウム や ナトリウムの少ない土壌に 改良する 』 この様に 農業を理論的に 体系的にとらえた話が ぽんぽん出てきます。 しかも 説明が上手いので 素人でも 『 なるほど 面白い!! 』 と わくわく させられます。 しかも 『 農塾 』 と銘打つ 以上に 『 人間の生き方 』 や 『 有りかた 』 『 何のために 存在するのか 』 といった 根源のとらえ方が 高く 広く 深いので こちらの話のほうが 尽きませんでした。 
[PR]
by natuyasumi2010 | 2011-06-21 13:51 | つぶやき

夢をかなえるゾウ

                   『夢をかなえるゾウ』 という 単行本があります。
          なにげなく 手にとってみたのですが なかなか 面白かったので 購入しました。
                 なかなか 奥深い本だったので 一部を抜粋してみました

b0203399_9321438.jpg


これからはな 毎日寝る前に 自分がその日 上手くいったことや 頑張ったことを 
思い出して 『ようやったな』 って 自分のこと褒めてみ。 じぶん こんなこと聞いて 馬鹿にしとんのかって 思うかもしれんけど こうやって 自分自身が 頑張れているのを 認めるのは めっちゃ 大事なことなんやで。 何でか分かる? それはな 成長したり 頑張ることは 『褒められること』 なんや、 『すごいこと』 なんや て、自分に教えてゆくためやねん。 だいいち 自分の周りに 『おまえ ようやったな』って ほめてくれるやつ自体 おらんやろ。

b0203399_951443.jpg


それに 『頑張らなあかん』 て、どんだけ思うても なかなか頑張れんやろ。 何でそないなると思う? それはな 『頑張らなあかん』 て 思うこと自体が楽しないからや。 人間は楽しいことや やりたいことしか やらんようになっとるんや。 じぶん 手塚治虫くんてしってるやろ。 『ジャングル大帝』 とか 『鉄腕アトム』 描いた すごいやつや。 手塚くんは 死んでしまうまえ 病気で入院しとったんやけど 最後の最後まで 漫画 書いとったんよ。 こう聞くと すごい と思うかもしれんけど 彼 もう死んでしまうって分かってんのに いまさら 『努力しよう』 とか 『我慢して頑張ろう』 思うて 書いたんやろか。 違うよな。 あともうちょっとで 死によんのに そんな努力なんて無駄よな。 せやけど 漫画 書きとうてしょーがなかったからなら ついつい 描てしまうよな。 やりたかったから やってしもうた。 これ すごいことなんやろか むしろ フツー のことやん。

b0203399_951462.jpg
 

でも 自分らは 心の底ではやりたくないことを 無理やりやろうとするやろ。 努力しようとするやろ。 頑張ろうとするやろ。 そんなもん 続くわけないで。 なんちゅうても 本音はやりたないんやから。 せやから 心の底を 変えてしまうねん。 毎日寝る前に 自分がその日 上手くいったこと 頑張って良くできたことを 褒めてやんのや。 これをずっと繰り返してみ そのうち 頑張ったり 成長したりすることが 楽しいと 感じるようになるから。 楽しゅうなったら あとは しめたもんや
[PR]
by natuyasumi2010 | 2011-06-14 09:16 | 推薦図書

思い出のチボリバルーン

                 北九州の先生から 教えて頂いた お話を紹介します。
                      ある小学生の 作文からの抜粋です

                 クリスマスに 倉敷の チボリ公園に 行きました。
      チボリ公園には、友達と、友達のお母さんと 私のお母さん、お姉ちゃんで 行きました。
               とっても 楽しい 一日で、夜には 観覧車にも 乗りました。
                    観覧車は とっても大きくて 高かったです。
                 帰りに チボリバルーン ( 風船 ) を 買いました。

b0203399_1211792.jpg


               次の日、いよいよ 帰る時間が きたので、空港に 行きました。
                        ところが 飛行機に乗る時に、
                    「 風船を しぼませないと 持って帰れないよ 」
                       と 空港のお姉さんに 言われました。
         飛行機に 風船を 膨らませたまま 持ち込むと 上空で 破裂してしまうから だそうです。
             私は、風船を しぼめないといけない と言われて 悲しくて 泣いてしまいました。
                          お母さんも 泣いていました。

         なぜかと云うと、私のお父さんは、7月にガン ( 癌 ) で天国に行ってしまいました。
                 チボリ公園は、私が以前 広島県の福山に住んでいたとき、
                 お父さんと いっしょに行った 楽しい思い出の場所です。
    だから、私も お母さんも チボリバルーンを しぼませてしまうのが とっても 悲しかったのです。
                   でも、仕方なく しぼませて 持って帰ってきました。

b0203399_1138924.jpg


              お正月 空港のお姉さんから、宅急便で 荷物が送られてきました。
  なんだろうと 箱を開けてみると 中にはなんと あの風船が ちゃんと膨れたままで 入っていました。
           箱から チボリバルーンを取り出すと、ふわふわと まっすぐに上にあがりました。
      私は、とっても 嬉しかったです。中には 空港のお姉さんからの お手紙も入っていました。
      「バルーンをしぼませてごめんね。 また、チボリ公園に遊びに来てね。」 と書いてありました。

                 そのチボリバルーンは、お家で 今も 浮かんでいます。
               大好きな お父さんとの 思い出といっしょに 浮かんでいます。
  
                        お父さんも 天国から 
 「 あやちゃん、良かったね~ お姉さんは、心のきれいな、優しい人だね 」 と言っていると 思います。
               空港の お姉さんに 出逢えて、素敵な旅行になりました
[PR]
by natuyasumi2010 | 2011-06-07 09:04