<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

笑顔のはじける人

ドイツ ポツダム でプレーする 女子サッカー日本代表の 永里優季さん。 ドイツ 女子サッカー代表が 4人も在籍する 超有名チーム ポツダムで なんと スタメンになり、 昨年は 19本も シュートを決めた とびっきりの エースストライカー です。 

とにかく めちゃめちゃ 前向きなひとです。 そして とにかく 明るいんです。 『 ハイタッチ 』 は あたりまえ。 見ているだけで 『 話しかけて~ 』 オーラが 出まくっています。 いつも ニコニコして 声が明るいんです。 そして すごいことに ネガティブ なことも 言い換えちゃうんです。 
外のグラウンドで シュートの練習がしたいのに 雨が降って出来ないことが テレビの取材中にあったんです。 そんなとき  『 残念~ 今日は 雨が降ったね~ 』  と言われて  『 よかった~ シュートのための 筋トレをしたかったんですよ~ 』 と 言い換えちゃうんです。 これは 本当に すごいんです。 私も 自分で やっているんですけど 何回か 同じ場面に 出くわさないと 言えないんですよ。 しかも 出そうと思って 繰り返し イメージしていて やっと 出るようになるんです。 しかも 最初のうちは 発想すら 浮かび上がってこないんですよ。 

全て こんな 調子なので 永里優季さんは 笑顔が はじけてます。 飛びぬけて 魅力的です。 ほんとうに こんなひとに なりたいです!! 

b0203399_0432482.jpg

[PR]
by natuyasumi2010 | 2012-01-23 00:23 | つぶやき

当たり前の事をしっかりやると 当たり前でない事が出来る様になる

当たり前の事をしっかりやると、当たり前ではない事が 出来る様になるんです

例えば、 スポーツを行っている学生に 挨拶や掃除という 人間として ごく当たり前の事を 徹底的に教え 実行させてみます。 すると、 一見 関係のないようなスポーツでも とんでもない能力を発揮する様になるんです。 昔の道場の修業や 武道の修練がこれにあたるといわれています。 最近では 一燈園やイエローハットが これを応用して成果を上げている 良い例ですね。 

こうなる仕組みについて 最近の脳科学から 面白い 論文が出ています。 人間の脳は 当たり前の事をいい加減にしていると 肝心な事をもいい加減にするようになっていると 報告しているんですね。 つまり 大人でも、仕事がいい加減な人は、 挨拶や当たり前の事を いい加減にしている人が多いのが よい実例ですね。 つまり 何かをやり遂げようとするなら、 まず日常の当たり前の事を しっかりやる事が 最初の一歩になります。

( 出展  西田文郎 )
[PR]
by natuyasumi2010 | 2012-01-13 11:09 | つぶやき